2008年02月20日

ジェフ・ベック・グループ /トゥルース

C964AED5-EBEE-444B-B0B2-C652689AA5DA.jpg

252px-Jeff_beck_group.jpgtruth.jpg


いわゆる第一期ジェフ・ベック・グループのデビュー作です!
メンバーは、
ジェフ・ベック (g.vo)
ロッド・スチュワート(vo)
ロン・ウッド    (b)
ニッキー・ホプキンス(p)
ミック・ウォーラー (ds)

その他このアルバム発売までに関った人たちを挙げると、
ジミー・ペイジ ジョン・ポール・ジョーンズ キース・ムーン
スティーブ・マリオットなど、そうそうたるメンバーがいます。

もともとはベック、ペイジが組んでこれが、LED ZEPPELINになる可能性が高かったようです。

本当にこの時代、ロックが急成長を始めようとしている時代にこれらの若き天才達が、熱い希望を持って作ったアルバムらしい素晴らしい出来となっております!

ジェフ・ベックとロッド・スチュワートのギターとボーカルのバトルをとるスタイルがかっこいい!
ZEPよりも前にこのスタイルを取り入れています!
「ロック・マイ・プリム・ソウル」「レット・ミー・ラヴ・ユー」といったブルース・ロック曲を聴いて下さい!

二人の掛け合いがめっちゃかっこいいです!
クールでファンキーでおしゃれです!

ベックのギターほんとにかっこいいです!
当時はクラプトンの「スロウハンド」に対してベックは「STEEL」と呼ばれていました。
強くスタッカートの利いたピッキング、一音半チョーキング、スライド音を効果的に使ったり、フレーズ毎に音色を変えたりと当時としては、かなりトリッキーなプレイをしておりました。

ロッド・スチュワートはこの頃から、ハスキーな声でお洒落に歌っていました。
本人はブルースよりもR&Bが好きだったようで、サム・クックあたりの影響が伺えます。
にしても、当時からかなり光る個性を持っており、ベックともしっかり対等に渡り歩いております。

ロン・ウッドはもともとギタリストとして参加したものの度重なるメンバーチェンジにより、仕方なくベースを担当したようですが、なかなかファンキーでうねるベースを弾いています。
特に「レット・ミー・ラヴ・ユー」での乗りのベースは、はまっています!
奇跡的に凄いです!
今のロン・ウッドのイメージからすると違いますが、
ブルースの形式はとっていても、基本的なベースではなく、
このうねり感が、上で戦うロッドとベックを、
よりグルーヴィーにしていると思います!

このアルバム幅広いスタイルの曲を取り入れながらも、
セカンド・アルバムにあたる「ベック・オラ」のロック色に比べると、
ブルース曲が多いです。(普通のブルースにはしておりませんが)
しかも独特なブリティシュ・ブルース!

後にZEPも取り上げたウィリー・ディクソンの「ユー・シュック・ミー」同じくディクソンの「迷信嫌い」

余談ですが、ゆうじは今までベックのコンサートを何回か観に行って気づいたことがあるのですが、
曲の合間に必ず有名な曲のイントロだけ、ちょっこっとプレイします。
なんともベックの、おちゃめな性格がでているのですが、
ちなみに、昔スタンリー・クラークやヤン・ハマーなんかと来た武道館公演で、この「迷信嫌い」のイントロをちょっこっと弾いておりました。

「ベックのボレロ」
この曲、タイトルと関係なく作曲はジミー・ペイジです。
後半のリフ、独特のスライド・ギターなど聞き所満載の曲です。
この曲2006年の富士スピードウェイでのフェスティバルで、
オープニングでやりました!
最近の凄い域に行ってしまったジェフ・ベックが、予想もせずやってくれました!
今回は「イントロちょこっとおもわせぶり攻撃」ではなくしっかりとやってくれました!
鳥肌ものの感激でした!

またまた少し長くなってしまいました。
またまた続きとさせていただきます。

ラベル:名盤紹介 英
posted by ゆうじ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クライマックス~ドラマティック・ソングス~
Excerpt: R35世代、団塊ジュニア世代にはたまらないアルバムでしょうね。あの頃のドラマはすごかった。今見て面白いと思うかどうかは分からないが、あの頃は夢中で見ていた。そして、まだ出始めのカラオケで、そのドラマの..
Weblog:
Tracked: 2008-02-26 14:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。