2008年01月15日

ジョニー・ウィンター・アンド /ライブ

jonny w &.jpg

当時のロックのかっこよさが、
ぷんぷん匂ってくるようなライブ・アルバムです!

ジャケットがかっこいい!
赤いライトを浴びてギターを弾く姿!
かっこいいライブ・アルバムらしい、かっこいいジャケット!

中学生のゆうじはレコード屋さんで、
このジャケットを見て、手をとりました。

そして、曲を見てみると、
「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ジョニー・ビー・グッド」「のっぽのサリー」などなど、
当時ロック初心者のゆうじでも、知ってる曲ばかり!

実際音を聞いてみると、
ハイテンション・ハード・ブルース・ロック!
かっこいい!
ハードなブルース・ロック・ギター!
だみ声ボーカル!
今聞いても、この時代のいかっこいいとされている音!
そう、ワイルドなハード・ブルース・ロックの匂いがぷんぷんしています!

中でもハイライトとなるのが、
「ミーン・タウン・ブルース」!

このアルバム唯一のオリジナルです!

テキサス・ブルース調のギター・リフから入るめっちゃいかした曲!

中間のドラムだけをバックに弾くギター・ソロの、
もう、かっこいいこと、かっこいいこと!

薬味をなにも入れずに、汁だけで食べる十割蕎麦!
という感じですか!

それはともかく、

スライド・バーと指を両方使ったソロを、
ドラムだけをバックに超絶にかまします!

後年、100%ブルース男になってからのプレイで、
「モージョー・ブギー」というスライド・ギターの超名演がありますが、
そちらも「すげー!、まだくるの!え、まだくるの!えー、さらにもう1コーラス?ノックアウト!」
というくらいの超絶プレイですが、それに繋がる感のあるプレイですね!

はたまた、ボブ・ディランのデビュー30周年ライブで
「追憶のハイウェイ」をファイヤーバード抱えて、プレイしていましたが、この時の派手さレベルこそ低いものの、チラリと見せる凄いプレイにも通じるものがあると思います!

他のカバー曲も、いかしております。
当時のアマチュア・ロック・バンドのライブなんかでは、オリジナルよりもこのアルバムをモチーフに演奏しているバンドが結構いました。
その方が、ハードにブルージーにできて、ライブ受けしたのだと思います。

ところで、ジョニー・ウィンターは当時、
「100万ドルのギタリスト!」
と呼ばれていました。
これは比喩ではなくて、
CBSとの契約金が100万ドルだったからなのです!
(当時のレートだと三億六千万円でした!)
これは当時最高額で、というか今はどうなのでしょうか?
さすがに、40年近く経って記録は破られているとは思うのですが、
当時は、実績のあった、
レッド・ツェッペリンやビージーズよりも高い契約金だったので、
かなり話題になりました。

それはそうと、このバンド名凄いと思いませんか?

ジョニー・ウィンター・アンド
ですよ!
このアンドってなんですかね?

実弟のエドガー・ウィンターが、昔あるインタビューで、
ジョニーの自己顕示欲は凄いと怒っていて、
バンド名にもそれが出ていると言っていたのですが、
「中でも最高なのが、アンドだ!なんだアンドって!」
とおっしゃってました。

そういうとこまでが、
当時のロックのかっこよさ、出てますね!





posted by ゆうじ at 03:24| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでおうございます!
本年もガッチリお願いいたします。

ところで、ジョニーウィンンター&!のこのLIVEは格好イイですよね!
私は日本でジョニーウィンターのLIVEを観るのを
諦めて、NYとシカゴで堪能させていただきました。どちらもアルバム以上にHOTでした!
また、アンドの一員Rデリンジャーとは、縁があって、25年位前に日本でセッション(?)をさせていただきました。その時Rデリンジャーはジョニーウィンターの事を絶賛していましたが、真意はどうだったのでしょうか?
では、今年もブログ楽しみにさせていただきます!
Posted by kasaiです at 2008年01月15日 11:04
kasaiさん、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。
そうですか!
リック・デリンジャーとセッションしたのですか!
凄いですね!
どうでした?その辺のお話聞きたいですね!
ジョニーに対する真意が分からないって、
なんか分かりますね。
ちょっと微妙な感じでした?
かさいさんもいろんな経験してますね!
ぜひブログ立ち上げて下さい!
Posted by ゆうじ at 2008年01月16日 00:20
先ずリックに会って驚いたのが、背が低い&デブ!という事でした。オールアメリカン〜のアノ美貌は今でいう画像修正かと思いました!
当時使っていたBCリッチは腹の上に乗っかっているという感じでした。また、一緒に演っても早弾き&ライトハンドばっかりで、まるでEVヘイレン?と思ってしまいました。でも流石にPLAYは強力でした!
その頃は元GFRのMファーナーとも仲良くなって日本滞在中はいつも一緒に居たのですが、マークとは楽しく演奏する事が出来ました。マークには自宅の住所や電話番号まで教えてもらったのに、イイ気になって見せびらかしていたら、無くしてしまいました…。
あの頃はギターを弾くのも、英語を喋るのも恐いもの知らずで、今から思うと恥ずかしいですね!
他にもイロイロあるのですが、俺はゆうちゃんのように文才が無いので、ゆうちゃんのブログにチマチマと書き込みさせてください!
Posted by kasaiです at 2008年01月16日 11:31
そうなんだ!リックは一般のイメージと違いますね!ライトハンドなんかやらなさそうなのに!
オールアメリカンの頃やエドガーのショック療法のあたりはきらめくような美少年というイメージがあったのですが、、、
それにしてもマークファーナーと行動を共にしてたって何?初期のグランドファンクは大好きですよ!「孤独の叫び」や「リムジンドライバー」は今でもベストロックチューンです!ゆうじとあまり会ってない時期にいったい何があったのですか?
Posted by ゆうじ at 2008年01月17日 01:23
リックはその後アルヤン・コビックのEAT ITでもヴァンヘイレンもどきの、華麗(?)な早弾き&ライトハンドを披露しています。
一緒に演ってみて思ったのですが、リックは器用な人なので、どんな演奏でも出来てしまうんでしょうね。その分、個性が…。
マークファーナーもリック同様に背は低いのですが、ステージのイメージとは違い、喋り方も穏やかで、とてもジェントルメンでした。後年,再結成GFRのLIVEが武道館であったのですが、その時に会った時も憶えていてくれて、感激しました。ただ、住所を無くしたとは言えず…。
ところで!今年で高校を卒業して○十年になるんですね〜!
俺は大学入学後、諸先輩方からイロイロ教わり、学校にも行かず、アッチコッチに顔を出しているうちに、貴重な経験を多々させていただき、幸せな学生時代を過ごす事が出来ました。
以前にも書き込みさせていただきましたが、アノ頃に携帯電話やメールが有れば、イロイロな事をシェア出来たのに…。
今後はゆうちゃんのブログに、縁のあるア−チストが出てきた時にチマチマ書き込みをさせていただきますので、よろしくお願いします!

Posted by kasaiです at 2008年01月17日 16:25
ゆうじさん、お久しぶりです。このアルバムはいいですネェ!泥臭くて、埃臭くて、煙臭い!!個人的には、ロード ワークにも匹敵するアルバムだと思います!やっぱROCK'N'-ROLL LIVEはこうでなくっちゃ!という一枚ですね!
Posted by 素敵な問題児 at 2008年01月18日 08:06
kasaiさん、いい人生を送ってますね!
マーク・ファーナーも背が低そうだけど、筋肉質そうですよね!そうですか、普段はジェントルマンなんですね。やっぱりぜひ、ブログ立ち上げてほしいですね!凄い話が聞けそうですね!
でもそれが無理なら、このブログにいろいろ書いて下さいね!とっても楽しみにしてます!
Posted by ゆうじ at 2008年01月19日 02:49
素敵な問題児さん、お久し振りです!
そうなんですよ!ロードワークもいいんですよ!
あとキャプチュアード・ライブも!そして70年代のジョニーはスタジオも名盤が多いですね!でもそう、埃臭くて、煙臭いっていうとこれですかね?
Posted by ゆうじ at 2008年01月19日 02:55
ジョニーウィンンター大好きですよ〜。
デビュー当時の70年代の映像も公式には無い!そして情報の無さ、レコードとギター・マガジンにチョコッとのる程度の記事ぐらいが彼の情報源でしたよ・・・。
しかし、すっごく良いブー○レッグDVDを見つけちゃいました〜。
当時TV出演していた映像や、ライヴ映像が山盛り!
ファースト・アルバムのジャケットのジョニー(タトゥーが無い)がブルースしてるんですよ〜。
感激しました〜。
今何処にあるんだろ・・・。
DR.tが持ってるかなぁ・・・。
ゆうじさん、是非みてください!

コメントでも出てきているリック・デリンジャーのアルバム『フリー・ライド』を2ヶ月前に買ったばかりです。
あの『ロックン・ロール・フーチークー』のジャズ・バージョン?
『jazzy koo』を聴いて良いのか悪いのか・・・。
結構戸惑ってたんですよね〜(笑)。
結局聴いて観て、良かったなぁ〜。
リックはそつなく何でもこなしてしまうんですね。
良い曲が書けるソングライティングの能力があるって良いですね・・・。
Posted by hilaling at 2008年02月03日 22:34
ひらりんさん!
そのDVDぜひ見せて下さい!
Dr.Tが持ってるんですか?
聞いてみます。
そういえば、ひらりんさんのブログで、
ボブ・ディランの30周年ライブで、「追憶のハイウェイ」を演奏しているジョニー・ウィンターの動画がありましたね!
あれもかっこいいですね!
ファイヤーバード弾いてるのがいいですね!
Posted by ゆうじ at 2008年02月05日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78545882

この記事へのトラックバック

クライマックス~ドラマティック・ソングス~
Excerpt: R35世代、団塊ジュニア世代にはたまらないアルバムでしょうね。あの頃のドラマはすごかった。今見て面白いと思うかどうかは分からないが、あの頃は夢中で見ていた。そして、まだ出始めのカラオケで、そのドラマの..
Weblog: ソウル・R&Bの思い入れ
Tracked: 2008-01-21 10:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。