2007年12月10日

昔、ネヴィル・ブラザーズを観ました!

02neville.jpg00nevill_0nevill-R1-E004.jpg

ネヴィル・ブラザーズのリードボーカルは誰だ?

比較的最近ですが、1996年にネヴィル・ブラザーズを観ました!

快楽のリズム、「セカンド・ライン」が、
照明の消えたホールに響き渡りました!

もう、この瞬間に鳥肌が立ち、血液が逆流し、
細胞が沸騰しました!

快楽です!
めっちゃうまいドラム!
って書いてしまうと、伝わらないと思いますが、
うまいのが、武器ではなく、快楽が武器のドラム!

そして、1曲目「コンゴ・スクエア」がスタートします。
ほぼCD通りの展開でしたが、かなりスケール大きいです!

2曲目の「ビッグ・チーフ」!
どのバージョンよりも、ダイナミックでファンキーな演奏です!
ニュー・オリンズを代表する1曲ですが、
ミーターズ時代よりよりも、スケール感のある演奏で、
もちろん、ドクター・ジョンやプロフェッサー・ロングヘアーとは、
まったく違う雰囲気です!

3曲目は、ミーターズ時代の代表曲、ゆうじも大好きな、
「ファイヤー・オン・ザ・バイヨー」
テンポをかなり落としながらも、
ファンキーなグルーブ感が、
ホントーーーーーーーーーに凄い!

シンコペーションの利いたベース!
天才的なセンスの良いバカテクなドラムをバックに、
本物のニュー・オリンズの世界に最初の3曲ではまってしまいました!
快楽の「セカンド・ライン・ファンク」!

4曲目は、ネヴィルの代表作「イエロー・ムーン」
メランコリックなメロディーに、
チャーリーのサックスが絶妙に絡みます!

実はこのツアーの時、チャーリーが体調を崩して、
ゆうじの観た中野サンプラザの前の週の、
渋谷では休んでいたという話しを、
そちらに行った友人から聞いていたので、
心配していたのですが、
無事、元気に復活してくれていました。

ゆうじは、チャーリーに大きな声で、
「Weicomeback Charlie 、I Love You!」
大きな声で叫んだら、
声が届いたようで、
「ブッ!」と迷惑そうに笑って応えてくれました!
大切な思い出です!

次に、なんと3曲もアーロン・ネヴィルの
天使のようなスイートボイスのボーカル曲が続きます。
今までの、ニュー・オリンズ・グルーブ路線から、
がらりと世界が変わります!

実は、正直申しますと、
ネヴィルのボーカリスト達の中で、
このアーロンのスキャット系ボーカルは、
CDで聞く限り、あまり好きでなかったのですが、

ところがどっこい!

生で聞いたら、分かりました!

暗い会場の中が、彼の声に包まれました。
照明と共に、きらきらと輝いて聞こえました。

圧巻でした!

お客さんのタイプとして、
ゆうじ達のようにミーターズからの、
ニューオリンズ系のファンと、
ネヴィルの、アメリカンビッグネームになってからのファンと
2タイプのお客さんがいるように感じました。
アーロンの曲の反応が、以外と多いことを見ると、
後者の方が多いのかもしれません。

しかし、このアーロン、
見た目の怖さと出てくる声の美しさとのギャップ!
誰しもが、最初びっくりしたことでしょう。

それはともかく、
ネヴィルの魅力といったら、
ミーターズ時代からの、
ニューオリンズファンクを基調とした演奏と共に、
シリル・ネヴィル、アーロン・ネヴィル、アート・ネヴィルの3人の、
全く異なるボーカルスタイルにあると思います。

シリルの、ソウルフルでファンキーなボーカル、
アーロンの天使のような、美しい声、
アートの伝統的なニューオリンズR&Bスタイル。

この三者三様のボーカルスタイルに、チャーリーのサックスが絡み、
バックがバカテクニューオリンズスタイルというのが、
ネヴィルの魅力だと思います。

そして、
ネヴィルの一番のリードボーカリストは誰だ?

ゆうじは、その日内緒で録った、
雑音だらけの、カセットテープを10年振りに引っ張りだしてきて
聞いてみました!

ほぼ全曲で一番聞こえてくる声!

それは、私ゆうじの声でした!

このテープを聴く限り、
リードボーカルはゆうじでした!

すみません、
ゆうじ、どうやら興奮して大声だしっぱなしで、
ゆうじの声しか入っていませんでした。

ソウルフルなシリルの声も、セクシーなアートの声も、
美しいアーロンの声も、
ゆうじの声がじゃまして、あまり入っていませんでした、、、、、

それはともかく、
最後のもの凄い、尋常じゃないくらいのグルーブの
「カム・トゥギャザー」まで、
正に名演ライブでした!

ニュ・ーオリンズ・ファンクおそるべし!


『選べる外貨』誕生!



posted by ゆうじ at 03:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オイラはその渋谷で観ました。

正直、ライヴを観るまでミータースと比べて
あまり良い印象ははありませんでしたが
あのライヴを観て、いかに自分が馬鹿だったかを
再認識しました。

当時のドラマー、ウィリー・グリーンは
最高にファンキーなドラマーでした!!
と、同時に「やっぱバンドはドラムで決まるな!」と
これまた再認識しました。

なので、ゆうじさん!

ドラマーは大事にしましょうね!(笑)
Posted by くま at 2007年12月10日 18:51
そうなのです!
渋谷に行った友人とは、クマさんのことなのです!
クマさんコメントありがとう!

ゆうじも同じで、ネヴィルに関しては、正直ミーターズと比べてしまっていたのですが、
このライブを観て、かなり印象が変わりました!

生で見ると、凄さが体感できるバンドですね。
選曲もかなり渋谷とは違ったようですが、
ビッグチーフ、ファイヤーオンザバイヨー、ファツゴーインオン、カムトゥゲザーあたりは、凄かったです!

でも、ゆうじのフェバリットの、ヘイポッキーウェイが聞けなかったのが残念でした。
確か渋谷では、やったんですよね。

そして、ドラムのウィリー・グリーンは凄まじい上手さで、なおかつプレイも良かったですね。

そしてそして、
はい、ドラマーは大切にしますね。(笑)

近々BEAR‘S BARお邪魔したいと思っております。

また、美味しいお酒とGood Musicお願いします!
Posted by ゆうじ at 2007年12月11日 01:50
どーも、電話ありがとう御座いました。
リメンバーさんのHPみつけました。
すっごくいい感じでした・・・。
2/6ですよね、しっかりとスケジュール入れておきます。
今年もライヴ楽しみだなぁ〜、真っ黒いヤツ沢山聴かせてくださいね〜。
今年もよろしくです!
Posted by hilaling at 2008年01月13日 00:16
ひらりんさん、ありがとう!今度のライブのポスターひらりんさんのブログから写真お借りしました。
都心の何十階という高層ビルの中から四角い窓越しに外を写した写真!シンプルだけど、ただ者ではないです。
これを使わせていただきました。
ひらりんさんの写真ほんとに凄いです。
使わせていただけて光栄です。
リメンバーほんとにいいBARですよ。
ここでライブさせていただけるのも光栄です。
Posted by ゆうじ at 2008年01月13日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。