2007年12月01日

昔、マディ・ウォーターズを観ました!

muddy2.gif

今までの「名盤紹介」とあわせて、
「昔、観ました!」シリーズを始めたいと思います。

思えば、1970年代初頭、中学生の頃に、
「スリー・ドッグ・ナイト」を初めて観て以来、
数々のコンサート、ライブを観てきました。

昔、観たコンサート、ライブを記憶から思い出しながら、
綴ってみたいと思います。

30年ほど前に、マディ・ウォーターズを観ました!

確か、渋谷公会堂だったと思います。

日本から、当時人気のお笑い系ブルース・バンド
いつもニコニコ「ウシャコダ」
実力派「永井隆&ブルー・ヘブン」
がなかなかの演奏を聞かせてくれて、

(なかなかという以上に、良い演奏だったのですが、さすがに相手がマディなので、すみません。
そういえば、この後、当時ゆうじのやっていたバンドが、あるコンテストに出場した時に、ゲストに来ていたウシャコダの方に、
「マディのコンサートで観ました。マディ最高でしたね。ウシャコダさんもなかなか良かったですよ。」
と言いましたら、
「なかなかだと〜!」
と怒られました。
褒めたつもりが、失言だったようで、失礼いたしました。)

ついにマディの登場です。

ブルースライブでは、よくありますが、まずは主役抜きのバンドでの、インストナンバーを2〜3曲。

いや〜、この辺から、もう静かな第一波興奮状態に突入です!
しかも、マディのバンド上手い!

上手くて、尚且つ本格的な、シカゴ・ブルース・スタイル!
(当たり前か。)

上手いから、このまま聞いていたい気持ちもありながらも、相手はマディ!
いつ出て来るんだろう、まだインスト続くのかな、次かな?の状態の中、ついに登場!

イエー、マディ!

椅子に座って、第一声!

本物!声だけで、いっちゃう状態!

レコードからでも、その声は、かなりのレンジの広さと、艶やかさが聴きとれますが、
やはり、生は凄い!

ホールの中の空気が全て、マディの声に包まれているようでいた!

バンドも、インストの時は、上手く、流暢なプレイをしていましたが、ボスが入るだけで、がらりとグルーブが変わります。

そして、マディのギター!
これが凄い!

特に、あのスライド・ギター!

蜂の鳴き声のような、
独特の音幅の広い、突き刺さるような、
金属的な音、真似できません。

こういう、誰も真似できないような、強力な武器を持っているのが、
バディ・ガイ、オーティス・スパンなど数々のスーパー・スター・プレイヤーをバンドから、輩出しながらも、ボスとして君臨できるひとつの要因であると思います。

座って、プレイしていてもオーラが違います!

ミック・ジャガーが以前、マディと共演した時のことを振り返って、
「マディは、仏陀のように椅子に座って〜」
という言い方をしていましたが、
ミックから見ても、そのくらいのオーラが感じられたのだと思います。
東洋人のゆうじからは、仏陀のようなイメージはなかったでしたが、
正に、「マディ・ウォーターズ」が椅子に座って、という感じでした。

そういえば、ロック聴き始めの頃、
いろんな雑誌を見ると、

ブルースといえば、
「マディ・ウォーターズ」「BBキング」
という文をよく見かけましたが、
中学生のゆうじは、共にバンド名だと思っていました。
そんな勘違いされた方いませんか?

それはともかく、かなりの強力ライブでしたが、
以外とお客さんの反応は静かなものでした。
どう反応してよいのか戸惑っているのか、
じっくり聴いているのか、
多分どちらもだとは思いますが、
(その場の空気は、とても良かったので。)
反応は静かなものでした。

しかし、そこで突然、男性客の一人が、ステージ袖に駆け寄っていき、こぶしを挙げて感動を現している方がいました。

背の高い、黒い服を着たかっこいい方でした。

よく見ると、「シーナ&ロケット」の鮎川誠さんでした。
(本人確認度70%)
めちゃかっこよかったです!

そんなこんなで、
ラスト・ナンバー「モージョー・ワーキン」です!

それまで、椅子にすわっていたマディが、
立ち上がり、マイク・スタンドを振り回して、ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!

これには、驚き!感動!かっこいい!

有名な若い頃の、ニュー・ポートの映像の時より、
元気なくらい!

隣で観ていた女性の方が、
「へー、かっこいいんだ!」

と言っていたのが、今でも耳に残っております。

ほんとに、今思うとかなり貴重なライブ体験だと思います。

ありがとう!マディ・ウォーターズ!

『選べる外貨』誕生!
posted by ゆうじ at 04:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い凄い! ずるいずるい! 羨ましい〜!
マディを生で観るなんて・・・

マディ・ウォーターズ、実は私はバディ・ガイ関連として知りました。
32,3年前だったでしょうか・・・、
バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのアルバムを聴いて、
わぁ〜 メチャかっこいい! 
このギターしびれる〜! 酔える〜 
この声サイコー!

てな感じで聴いていて、「rocki 'on」にも執筆していた日暮さんの音楽誌「The Blues」でバディの師匠はマディだと知ったような記憶があります。

マディはもう観られないけど、まだ生きているバディを今のうちに・・・観たいです。
Posted by REMEMBER at 2007年12月02日 01:50
REMEMBERマスター、コメントありがとうございます!
バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのアルバム私も大好きでした!
ほんとにかっこいいシカゴ・ブルースのコンビでした!
この頃のバディの鬼気迫るようなギタープレイは絶品です!
そういえば、70年代前半のバディ&ウェルズのビデオ持ってます!
鬼気迫るギター弾いてます!
Posted by ゆうじ at 2007年12月02日 12:27
お久しぶりです!お元気そうで何よりです!
マディの渋谷公会堂には、私も行きました!
あの時代に携帯があれば会えたのに……。
モジョ盛り上がりましたよね!
あと、あの頃私は中野サンプラザで行われた
BB&アルバートKINGのライブに行ったのですが、
その時、なんとアルバートとツレションをする
機会が得られました。ガタイもデカイけど、
Jrも……。
マディもアルバートももう観れないなんて
寂し過ぎますね。
お互い長生きしましょう!
Posted by 河西です! at 2007年12月03日 10:37
河西さん、お久しぶりです!
最近コメントいただけなかったので、
心配していました。
「フリー」には、コメントいただけるかと、
期待していたのですが、
(昔、ビーマイフレンドやってましたよね。)
でも、お元気そうで何よりです!

ところで!

BB&アルバートKING
中野サンプラザ!
実は私も行ってます!
当時、携帯あったら二度も会えましたね!

まだ回数増えるかな?

実は、次回紹介考えていました。

しかし、アルバートのJr、、、

凄い体験ですね!
Posted by ゆうじ at 2007年12月03日 13:38
確認しました!

本文で、
「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠さんらしき人を見ました。
と、記述しましたが、「シーナ&ロケッツ」のWEBサイトに、その日のことが、熱く書かれていました!

やはり、鮎川氏本人に間違いなさそうです!

その日、渋谷公会堂に行き、気がついたら、ステージ前に行き、拳を上げ、マディ・ウォーターズとアイ・コンタクトをとり、ライブ後記念撮影をしたところまで、写真載っていました!

そこにいくまでが感動的で、素晴らしいレポートでしたので、興味のある方は検索いただけたらと思います。
Posted by ゆうじ at 2007年12月03日 15:07
本当に久しくコメントを入れられなくて、
スミマセン!
ブログはいつもチェックしていたのですが、
何だかドタバタしていて…。
ユーちゃんのLIVEの時も、フリー、スライ、ELPも統べてコメントを入れさせて
いただきたかったのですけど…。スミマセン!
しかし、ユウちゃんにビーマイフレンドを演ってた時の事を覚えていていただけるなんて感動です。あの後、大学生になって諸先輩方から、
ポールコゾフコードを教わった時に、改めて
ギターの奥深さを学びました。
年末でドタバタしておりますが、ユウちゃんも
お体に気をつけて、KEEP ON ROCK'Nしてください!
Posted by kasaiです at 2007年12月04日 10:42
kasaiさん、忙しい中コメントありがとうございます!
「ビーマイフレンド」憶えてますよ!
あの頃トリオのバンドやってましたよね!
レスポールのピックアップから声を出したりとか、パフォーマンスも目立ってました!
早くバンド再開してくださいね!
期待しています!
Posted by ゆうじ at 2007年12月05日 05:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。