2008年08月13日

エリック・クラプトン サンバースト・テレキャスの謎 パート2

033-thumbnail2.jpgecsg61-m.jpg034-thumbnail2.jpg

前回お話したクラプトンのサンバースト テレキャスのお話 第2弾!
新情報が入りました!

どうも、このテレキャス、クリーム時代から使用しているようで、
あの有名な、寒そうな空の下、ファーのコートを着て、
サイケペイントのSGを掲げた写真がありますが、
その日の別写真で、例のテレキャスを持っている写真があるらしい!

と、Dr.Tが申しておりました!

しかも!!!!!

ネックはラージ・ヘッドのローズだったと!
これは、イタリアンレストラン「イオーラ」情報です!

その後、例のブラウニー・ネックに交換されるのですが、

なんと!!!!!

その外された、ラージヘッド ローズのネックは、
リッチー・ブラックモアに渡り、
イン・ロックのあたりに大活躍していたらしいです!

となると、ここで謎ですが、
その後、サンバーストテリーから外されたネックが、
ブラウニーに行くわけですが、
本体サンバーストテレキャスはどうなったのでしょう?

どなたか、ご存知の方はいませんか?

そして、
先程のサイケペイントのSGですが、
これは、この後トッド・ラングレンの手に渡り、
彼の日本公演でも、
その勇姿が登場しておりました!

そしてそして、
そのサイケペイントを手がけたのが、
当時ロンドンで、
BEATLESのAPPLEビルや
ジョンレノンのロールスロイス(あれ、ベントレーだったかな?)
なんかをサイケなペイントにした、
話題の集団{THE FOOL」だったそうです!
ラベル:楽器の話し
posted by ゆうじ at 22:19| Comment(4) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。