2008年02月21日

ジェフ・ベック・グループ / トゥルース&ベック・オラ

beckola.jpgjbg-photo.jpg

前回に続いて、第一期ジェフ・ベック・グループです!
ほんとうにこのバンドは、
メンバーのほとんどが、
この後ロックの歴史の中で大活躍しています!

しかし、この時期のプレイも凄いものがあります!

前回も書いた、
ベック、ロッド・スチュワート、ロン・ウッドに限らず、
ニッキー・ホプキンス!

凄いです!

ニッキー・ホプキンスのベストプレイは?
と聞かれたら、
ローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」のピアノ!
と答える人は多いと思いますが、
(たしかニッキー本人も言ってた気がしますが、)

ベック・オラに入っている
「監獄ロック」凄まじい!
(おっと、ベック・オラまで話しが入ってしまった、しかしここは外せない、いってしまえ!)

この「監獄ロック」でのプレイを録音した後には、
鍵盤が血だらけだった!
という話しが残っています!
ほんとかどうかは別として、
ほんとに凄まじい演奏です!

しかも、ベックのプレイもアームまで使って壮絶!
この曲は二人のソロがバトルしているみたいです!

同じく、キング・エルビスのカバー「オール・シュック・アップ」
(プレスリーのことを年配のファンの方は、キングと呼ぶそうです。昨日読んだスティーヴン・キングの小説に書いてあったので、早速使ってみました。)

この曲のベックのプレイも凄まじい!
独特なスライド・ギター、トーン・チェンジング等、多種多様のワザで攻めてきます!
バンドのグルーヴ感も凄い!

そして、プログレッシヴなブルース・ロック中心だった「トゥルース」に比べ、
こちらは、「ライス・プディング」「スパニッシュ・ブーツ」「ハングマンズ・ニー」のようなヘビーなリフを使った曲が多いのが特徴です!

これらが、後のブリティッシュ・ハード・ロックに与えた影響は多大なものがあるのでは、と思います!

しかも、リフがファンキーです!
ベックもこの後の第2期ベック・グループや「ブロウ・バイ・ブロウ」あたりで、かなりファンキーさは、完成されていきますが、
若きロック時代のファンキーさは、それとは違った輝くような素晴らしさがあります!

実際「ブロウ・バイ・ブロウ」が出るまでは、「ベック・オラ」が最高作と言われておりました。

このテンションの高さ!
個人個人の個性!

これから、スーパー・スターになっていく天才達の若き日の、
自信と希望に溢れたプレイがきらきらと輝いています!

実際、皆ルックスカッコよかった!
おしゃれで!

髪を立てて、お洒落な服着て、
カーナビー・ストリートを闊歩してたんだろうなー!
スウィンギン・ロンドンの時代に妄想が膨らんでしまいます!

髪を立てて世界的に有名になったのは、
このバンドが初めてではないのかな?
違うのかな?

話しが大分逸れましたが、「トゥルース」に戻します。

「ブルース・デラックス」という曲があるのですが、
これは、観客の拍手、歓声が入っていて、
ライブに聞こえるのですが、

じつはこの歓声、スタジオで後から入れたもので、
しかも「ビートルズ」のライブのもななのだそうです!

こんな茶目っ気も凄いとこです!

そういえば、私的なことになるのですが、
ゆうじは数年前に、
仕事で一人で甲府に泊まることがありました。

その夜、一人で食事がてら飲みに行き、
ホテルに帰って来て、
ラジオをつけると、いきなりこの「ブルース・デラックス」が
かかったことがあります!
DJの声もなにもなく、
タイミングよくこの曲がかかりました!

びっくりしました!
その後、一人夜景をみながら、気持ちよく飲みました。

そして翌朝、気持ちよく目覚めて、
チェックアウトをしに、フロントへ向かいました。
朝日がきらきらと輝いている冬の朝でした。

フロントの女性スタッフも笑顔で、
「おはようございます」と迎えてくれました。
そして、会計の段になると、
今まで、笑顔だった女性スタッフがちょっと緊張しています。
「なんだろう?」
と思っていると、
「有料テレビチャンネルご利用になられておりますので、¥750の追加となります。」

「あ!」

ゆうじは、とても恥ずかしかったです。


posted by ゆうじ at 01:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。